趣味が高じて、、、、お店のブログから独立です。
男の着物、茶道、小唄、、、「和」の話題が中心になります。
静岡市に住む60代の男性です。
 
<< 久しぶりの | main | 金沢という町 >>
香華
0
    前編後編と2枚のCDに別れた長編である。監督木下恵介、音羽信子と岡田茉莉子が親子となり、静岡市の昔の遊郭「二丁町」が登場する。

    昔静岡にあった遊郭「二丁町」。もう今はその名を知る人も少なく映画を見ながら感慨に耽った。
    映画を見ながら母から聞いていた「きれいなお姉さんの写真が並んでいた」とか祖父がお金が払えず祖母が迎えに行ったとか思い出していた。
    小学校の頃今は伊勢丹になってしまった田中屋でこの映画の衣装店があり母に連れられ見たのをうっすらと覚えている。

    映画の中、娘の岡田茉莉子が実業家岡田英二と京都に向かう列車の中で年甲斐もなく男関係を繰り返す母の愚痴を言うと岡田英二が返す。「年甲斐もないことを繰り返すのが人間だ」、、味わいのあるセリフです。何でもできそう(笑)、、、嘘です。
    【2014.04.22 Tuesday 04:35】 author : sam08
    | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.honey-s.info/trackback/1346782
    トラックバック