趣味が高じて、、、、お店のブログから独立です。
男の着物、茶道、小唄、、、「和」の話題が中心になります。
静岡市に住む60代の男性です。
 
<< 熱海 湯めまちをどり | main | 京都旅行 その2 >>
京都旅行 その1
0


    京都南座 顔見世
    昼の部、仁左衛門のお祭り、かっこ良かったです。場内の熱気がすごくてみんなのわくわくした気持ちが一体となっていました。
    封印切は忠兵衛が藤十郎なので成駒屋の型で、脚本の解釈が違います。関西の人が陥りそうな失敗から悲劇が始まる、、、、仁左衛門と藤十郎の掛け合いが面白く、これも関西っぽい、、、悪役であるはずの仁左衛門の八右衛門に説得力がありました。忠兵衛、やっぱり分をわきまえなきゃね。それにしても仁左衛門はかっこいい。とてもとても歳を感じない。一緒に見ていた姪が「あれ、海老蔵?」と聞くくらい。歌舞伎初心者にも若々しくてかっこよかったんだね。
    日本髪の芸妓さんもいたし、きれいに着物を着こなしている人も多かったし、南座の顔見世は入場料も高かったけど充分楽しめました。
    【2009.12.23 Wednesday 06:46】 author : sam08
    | 旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.honey-s.info/trackback/1312810
    トラックバック